ネットで診療予約

About us医院紹介

Characteristics of hospital facilities in Daruma Eye Clinic院内設備の特徴

1.北関東初!最先端白内障手術システム完全導入施設

2017年7月に世界最高峰の最先端白内障手術システム(The Cataract Refractive Suite by Alcon)を完全導入しました。国内では完全導入した施設は数施設しかありません。
このシステムを導入することで、ただの白内障手術から、屈折矯正手術の要素が大きく加わった白内障手術に進化します。術後良好な屈折状態(近視、遠視、乱視が少ない)にすることで、術後より良い結果が得られやすくなります。

The Catract Refractive Suite by Alcon

The Catract Refractive Suite by Alcon

最先端の白内障手術技術が詰め込まれた5つの白内障手術装置です。それぞれの装置が連携して白内障手術を行います。県内でも構成要素の一つであるフェムトセカンドレーザー装置を持つ施設は数施設ありますが、あくまで白内障手術の一部分(切開・水晶体分割)がメスを使用せずに精密・正確に手術が可能になっただけです。5つの要素が全て合わさって初めて、術後良好な屈折状態を得られるようになります。この点が完全導入施設とそうでない施設の違いです。

くわしい説明はこちらへ

LenSX:フェムトセカンドレーザー装置

LenSX:フェムトセカンドレーザー装置

メスを使用しないで、超精密・正確な切開を行う最先端の白内障手術装置。裸眼で遠くも近くも見られるように開発された多焦点眼内レンズは、レンズのずれや傾きの影響を受けやすいため、精密な手術を要求されます。特に多焦点眼内レンズを用いる場合、この装置は威力を発揮します。

ORA:術中波面収差装置

ORA:術中波面収差装置

従来の白内障手術では術前のデータで眼内レンズを決めていたため、手術の影響で術後大きな誤差がでて良好な結果が得られないことがありました。ORAと呼ばれる最先端の白内障手術装置は、術中に計測したデータと世界中の白内障手術を照合し、最適な眼内レンズを提案する機能を持ちます。


2.緑内障専門外来に合わせた緑内障検査機器

緑内障は国内で失明原因1位にあたる病気ですが、かなり進行した状態までいかないと自覚症状がありません。緑内障で見えなくなった部分は、どのような治療を行っても回復することはありません。当院では、早期発見・早期治療、緑内障の悪化を早期にとらえるために最適な緑内障検査機器を準備しております。
また、緑内障の評価に大切な視野検査の機器を2台用意しておりますので、視野検査の待ち時間も短くなる様に努めております。

スウェプトソースOCT(DRI OCT Triton)

OCT 2000

超高性能の光干渉断層計。網膜の神経線維の厚さから早期の緑内障の変化を発見します。定期的な撮影で、緑内障による構造的変化を早期にとらえることができます。

ハンフリー視野計

HFA(ハンフリー視野計)

世界標準の静的視野計。専用の緑内障視野解析ソフトと連携して、緑内障による悪化を早期にとらえます。


3.快適な診療を提供するホスピタリティー

当院のコンセプト“快適でスムーズな治療と手術、信頼と満足の医療技術を”を実現するために、様々なホスピタリティーを準備しました。

オンライン予約システム

オンライン予約システム

iPhoneなどのスマホでも簡単に予約が取れます。番号表のQRコードを使用すれば、院外からでも待ち人数を確認することができます。ホームページからも現在の待ち人数を確認することができます。

ドリンクサーバー(無料)

ドリンクサーバー(無料)

お茶やコーヒーなど数種類のドリンクを用意しました。無料ですのでお気軽にご利用ください。

手術見学室

手術見学室

ご家族の手術を実際に見学することが可能です。術者から見た術野もモニターで確認することができます。また、手術室見学会では、実際の手術設備を見ながら執刀医から機器などの説明を聞くことができます。


医院紹介

院内設備の特徴 | だるま眼科(群馬県高崎市)多焦点眼内レンズ・レーザー白内障手術や緑内障

世界最高峰の最先端白内障手術システム。多焦点眼内レンズなどレーザー白内障手術や緑内障の手術・治療は、群馬県高崎市のだるま眼科へ。