ネットで診療予約

The most advanced cataract surgery最先端白内障手術

Guidance and verification for cataract refractive surgeryORA™ system

ORA

白内障手術機器、眼内レンズの技術の進化により、術後視力の目標は、「眼鏡をかけて見えれば良い」から「裸眼で良好な視力を目指す」にシフトしています。良好な裸眼視力を得るためには、可能な限り近視や遠視、乱視をなくす必要があります。 白内障手術で使用する眼内レンズの度数は術前のデータを元に決めていますが、手術中に眼の状態が変化するため良い結果が得られないこともありました。手術中の眼の状態の変化に合わせて、眼内レンズの度数を合わせなかったことが原因と考えられます。今までの白内障手術では、手術中の眼の変化を計測する方法がないため対応が不可能です。
ORA™️systemは、術中の屈折状態がリアルタイムに分析し、さらに世界中の眼科医の白内障手術のビックデータから、最適な眼内レンズを提案する機能を持っております。特にLASIK後などの平均的でない眼球では、ORA™️ systemのあるなしで、成績が大きく変わってしまいます。ORA™️ systemがあることで、手術中の眼の屈折の変化にも対応することができ、術後狙い通りの屈折状態にできる確率が高くなります。その結果、良好な術後結果につながる可能性が高くなります。


ORA™ systemでできること


ORA™ systemの当院での使い方

原則、ほぼ全ての白内障手術にORA™️ systemを使用します。

(多焦点眼内レンズ、トーリック眼内レンズ、LASIK後は特に有効性が高いです)

※例外として、病気で術後視力が期待できない場合や緑内障白内障同時手術の場合、ORA™️ system使用しません。


最先端白内障手術

ORA™ system | だるま眼科(群馬県高崎市)多焦点眼内レンズ・レーザー白内障手術や緑内障

世界最高峰の最先端白内障手術システム。多焦点眼内レンズなどレーザー白内障手術や緑内障の手術・治療は、群馬県高崎市のだるま眼科へ。