ネットで診療予約

Glaucoma clinic緑内障専門外来

About glaucoma緑内障とは?

緑内障は視神経の病気

視神経は眼で受けた情報を脳に伝える役割があります。緑内障の方は正常の方に比べ、視神経の減少するスピードが早いため、視神経少なくなった部分からどんどん見える範囲が狭くなっていきます。緑内障では眼圧が高いことが視神経の減少の原因となります。(*眼圧:眼球に一定の張りを与えて形を保つ圧力、眼の固さ)

緑内障は視神経の病気

緑内障が日本人の一番の失明原因

緑内障が日本人の一番の失明原因

緑内障は日本人の一番の失明原因です。そんな怖い病気にも関わらず、深刻な状況まで症状がないため気が付いた時には失明寸前ということも良くあります。


意外と多いぞ!緑内障(40歳以上では約5%が緑内障!)

緑内障が日本人の一番の失明原因

意外と緑内障にかかっている人が多いことが、緑内障の失明者数が多い理由の一つと考えられます。40歳以上では約5%の方が緑内障にかかっております。また、年を取れば取るほど緑内障にかかっている人が多くなります。


緑内障の症状(老眼や白内障と勘違いしていることも)

緑内障になると見える範囲が徐々に狭くなったり(視野狭窄)、部分的に見えない部分が徐々に大きくなったり(視野欠損)します。視野狭窄、視野欠損というと、見えない部分が黒くなって見えると思っている人が多いのですが、実際の緑内障の症状はぼやけやかすみであらわれます。そのため、本当は緑内障が原因だったのに、老眼や白内障だと勘違いしていることも多いです。


本当に症状に気づきづらい緑内障(失明寸前まで気が付かないことも)

緑内障の症状

上の3つの写真は、いずれも緑内障の人の見え方です。どこがおかしいかわかりますか?
緑内障患者さんの約半分が“部分的なかすみ”、約1/4が“部分的な欠落”、約1/4が“症状無し”で、見え方のわずかな変化しかありません。

緑内障の症状

また、両目で見ているとお互いの見えない部分をカバーし合うため、余計症状に気が付きません。さらに、緑内障の多くはゆっくりと悪くなっていくので、日々の変化に気が付きにくいです。
緑内障は失明原因で1位ですが、実のところ緑内障にかかっている人の9割は自分が緑内障であることに気が付いていません。かなり深刻な状況(失明寸前)にならないと、症状がわからないのも緑内障の症状の特徴です。


治療は緑内障の悪化を抑えるのみ。
見えなくなったら元には戻らない。

緑内障で見えなくなった場合、再び見えるようにする治療方法はありません。緑内障の治療は、あくまで“眼圧を下げて、緑内障の悪化を抑えるのみ”で、少しでも見える期間を長くすることです。

graph

定期的な診察・検査は非常に大切

緑内障で失明しないようにするためには、できるだけ緑内障を早く発見し、早く治療することです。治療をしていても緑内障が悪化することはよくありますので、その悪化を可能な限り早く見つけ出すことも大切です。緑内障は症状に気が付きづらいため、定期的に診察や検査を受けることを嫌がる人がいますが、悪くなってからではもう手遅れです。わずかな緑内障の変化をとらえるため、定期的に診察や検査を受けることの大切さを理解してください。

治療は緑内障の悪化を抑えるのみ。失われた視野はもう戻らない

緑内障専門外来

緑内障とは? | だるま眼科(群馬県高崎市)多焦点眼内レンズ・レーザー白内障手術や緑内障

世界最高峰の最先端白内障手術システム。多焦点眼内レンズなどレーザー白内障手術や緑内障の手術・治療は、群馬県高崎市のだるま眼科へ。