緑内障

GLAUCOMA CLINIC

緑内障専門外来

緑内障は眼と脳をつなぐ視神経の病気です。

日本人の失明原因

緑内障の有病率

40歳以上で約5%、失明原因1位の病気ですが、深刻な状況になるまで症状が出ないため、
気が付いた時には失明寸前ということもよくあります。

理由
1

現在の緑内障治療は、緑内障を根治することはできず、失明しないように悪化を抑えるのみです。
豊富な経験から患者さんの生活や人生の質を考えた治療を提案していきます。

院長の緑内障手術のDVDが医師向けの資料として配布されました

多く緑内障手術を行っていることがメディアで紹介されました

  1. 2014年:162件(週間朝日MOOK「眼のいい病院」
  2. 2015年:154件(読売新聞病院の実力〔眼科〕)

理由
2

まず、点眼薬から治療を開始します。使用できない場合や効果が不十分な場合、レーザーや手術を提案します。
当院では緑内障の種類に合わせたレーザー、手術を実施可能です。
MIGSやSLTなど眼に負担の少ない新しい手術も当院で実施可能です。

低侵襲緑内障手術(MIGS)

結膜や強膜の切開を可能な限り少なくすることで、手術時間や眼に対する侵襲を少なくした緑内障手術です。

iStent

線維柱帯にiStentと呼ばれるシャントを留置して、房水の流れを良くして眼圧  を下げる緑内障手術です。国内では白内障手術の際に行うことが認められています。

μhook ab interno trabeculotomy

線維柱帯をμフックと呼ばれるフックで直接切開し、房水の流れを良くして眼圧を下げる緑内障手術です。

緑内障手術

線維柱帯切開術(トラベクロトミー)

房水の排水口の入り口にあたる線維柱帯を切開することで、房水の流れを良くして眼圧を下げる緑内障手術です。白内障手術と同時に行うことで効果が高くなります。線維柱帯切除術やEX-PRESSシャントに比べ眼圧下降効果は弱いですが、合併症が少ない手術になります。

EX-PRESSシャント留置術

線維柱帯切除術では孔を開けていましたが、代わりにEX-PRESSと呼ばれるシャントを使用します。房水が結膜の下に流れ出て、眼圧が下がります。術後房水の流れ出る量を調節するためにレーザーや縫合等の術後管理が必要です。

線維柱帯切除術(トラベクレクトミー)

角膜(黒目)と白目(強膜)の境界のあたりに、前房と結膜の下をつなぐ孔を作る緑内障手術です。房水(眼の中の水)が結膜の下に流れ出て、眼圧が下がります。術後房水の流れ出る量を調節するためにレーザーや縫合等の術後管理が必要です。

隅角癒着解離術

閉塞隅角緑内障に対する治療です。隅角に虹彩が癒着して塞がってしまった状態を解消する緑内障手術です。白内障手術と同時に行うことが多いです。術後にレーザーの処置が必要になります。

緑内障レーザー

レーザー虹彩切開術(LI)

閉塞隅角緑内障に対して行うレーザーです。虹彩に孔を開けて、瞳孔ブロックと呼ばれる眼圧を上げている原因を解決します。

選択的線維柱帯形成術(SLT)

線維柱帯の色素細胞に選択的にレーザーを行うことで、眼圧を下げる治療です。ご希望あれば即日行えます。安全性が高く、何度も行える点がメリットです。