白内障

CATARACT CLINIC

白内障とは?

白内障は水晶体と呼ばれる眼の中のレンズが濁る病気です。

白内障手術

白内障手術は濁った水晶体を取り除き、眼内レンズに入れ替える手術です。

ご希望に合わせ、単焦点眼内レンズ、多焦点眼内レンズをお選びいただけます。

理由
1

免許更新などお急ぎの場合、迅速に対応させていただきます。
ご希望あれば同じ日に両眼とも手術を受けることも可能です。
手術は主に火曜日、木曜日に行っています。
術後翌日も診察が必要です。

眼内レンズの種類 手術までの最短日時
単焦点(保険診療) 3日
2焦点(先進医療) 3日
3焦点(自由診療) 1か月

理由
2

通常の白内障手術の他、多焦点眼内レンズ、
レーザー白内障手術の数多くの執刀経験あります。

単焦点眼内レンズ(保険診療)
裸眼で遠くか近くのどちらか一方にピントを合わせます。ピントを合わせなかった距離は眼鏡が必要になります。
多焦点眼内レンズ(先進医療、自由診療)
遠近両用の眼内レンズで術後に眼鏡をかけたくない方のために開発されました。裸眼で遠くと近く(3焦点なら中間距離)にピントがあうので、便利です
新型多焦点眼内レンズ
Acriva Trinova

3焦点+焦点深度拡張(EDOF)

だるま眼科が導入、日本で一番最初に使用しました。

理由
3

だるま眼科は白内障手術システム Cataract Refractive Suite を導入

眼内レンズの性能を活かし、より良い視機能を得るため、
白内障手術では乱視の少ない良好な屈折状態を目指します。
Cataract Refractive Suiteは、
より良好な屈折状態を術後得るために開発された
白内障手術システムです。
だるま眼科は国内3番目に
Cataract Refractive Suite を導入しました。

米国Alcon社から授与されたレーザー白内障のトレーニングを受けた医師である証明書です

従来の白内障手術との比較

従来の白内障手術
  • 全ての手術工程を“医師の手”で行う
  • 患者さんの眼の状態に関係なく
    “術者のやりやすい方向”から手術
  • 術中に屈折状態を“チェックする方法がない”
    ため、眼内レンズの度数の選択は
    “術前のデータ”から“術者の経験と勘”で選択
Cataract Refractive Suiteを使用した白内障手術
  • 難易度の高い手術工程を“レーザー”で行う
  • 患者さんの眼の状態と術者の手術の傾向を
    “デジタルで分析・計画”して手術
  • 術中に屈折状態を“リアルタイムで分析”し、
    “世界中の白内障手術のデータ”を元に
    “最適な眼内レンズの度数”を選択

Cataract Refractive Suiteを使うメリット

  • 手術の再現性、精密性、安全性の上昇
  • 術後の屈折(近視、遠視、乱視)のコントロールが良い
  • 多焦点眼内レンズとの相性が良い
  • 眼に対する負担が少ない

術後良い結果が
得られやすい!

理由
4

だるま眼科は、先進医療の指定医療機関。
先進医療で、
多焦点眼内レンズをお得に受けられます。

多焦点眼内レンズは、遠近両用の眼内レンズで術後裸眼で遠くも近くもピントがあうため便利ですが、保険診療が使えないため手術費用が高額になります。2018年12月現在、だるま眼科で先進医療の使用を厚生労働省から認められています。
先進医療に加入していると、高額な手術費用を後日保険会社から給付される仕組みがあります

※ 厚生労働省が認可した先進医療用の多焦点眼内レンズのみ対応

理由
5

(既に白内障手術を受けた方が対象)

既に入っている眼内レンズの上にもう一枚特殊な眼内レンズを足して、
近視・遠視・乱視を矯正したり、多焦点眼内レンズに変更したりする手術です。

アドオンレンズは次のような方に適しています

既に白内障手術を
受けた方で

  • 多焦点眼内レンズに変更したい方
  • 左右の度数差が気になるのでなおしたい方
  • 希望する度数とのずれが大きい方